准看護師の給与水準はどのくらい?

給与に不満を抱いている准看護師さんは多い?

准看護師の給与水準はどのくらい?

手術室看護師の給与は、一般的なOLと比較すると高水準と言われていますが、准看護師の収入はどの程度なのでしょうか?

平成22年に行われた調査によると、新卒准看護師の年収は250万円程度、全体の平均は400万円前後という結果が出ています。月給の相場は約28万円、ボーナスの平均は約60万円ですので、確かに一般企業のOLと比較すると高収入といえるかもしれません。

しかし、この准看護師の給与水準は正看護師と比較して1割ほど低いものとなっており、正看護師と准看護師の資格の違いと現状を如実に表しています。

正看護師と准看護師の給与水準の差は、国家資格(正看護師)と都道府県知事資格(准看護師)の違いにあるだけでなく、教育期間や専門教育の差によるもののため、ある意味やむを得ない部分があります。

但し、医療の現場においては准看護師と正看護師の業務や実労働に差がないことも少なくなく、こういった場合は、准看護師側がより大きな不満や悩みを抱えているというケースも見られます。

こういったこともあり、准看護師の給与体系は職場によって大きく異なるという特徴があります。本来であれば、正看護師と准看護師に給与差をつけるのであれば、実質的な労働量や責任の度合いにも差をつけるのが当然ですが、このことを無視する病院や医療機関も少なくありません。

そのため、准看護師として給与に不満を持つ方や、給与アップを目指したいと考える方は、まず自分の勤務先の労働条件や服務規程、給与体系をしっかりと見直した後、転職を検討するのが一番です。

能力や労働に見合った給与が得られないと感じる場合、そのまま勤務を続けるよりも、自分の能力を正当に評価してくれる職場や、准看護師に対する待遇が適切な病院・医療施設に転職する方が良いケースが多々あるのです。

給与に関して不安や不満を抱く方は、是非一度、看護師専門求人サイトが用意する専門のキャリアカウンセラーに相談してみて下さい。キャリアカウンセラーへ自分の能力や実績・スキルなどを提示することで、自分に合った職場情報を得られたり、転職のプロによるアドバイスを受けることができますよ。