助産師の歴史と国際的な定義

助産師の歴史について見ていきましょう

助産師の歴史と国際的な定義

助産師は昔から「取り上げ婆」と呼ばれ職業として存在していました。 ここでは、助産師の歴史と国際的な定義をご紹介いたしましょう。

1868(明治元)年、太政官布達の際に助産業務の関係法規が初めて公布されました。 1874(明治7)年、東京・大阪・京都の主要都市三府に医制発布されました。 「取り上げ婆」は「産婆」と改称されて免状制となりました。 産科医との業務区別を明確に定義したのです。

1899(明治23)年、産婆規則・産婆試験規則・産婆名簿登録規則が公布されました。 法律によって産婆の資格・試験・産婆名簿の登録・業務範囲などが規定されたのです。 産婆の資質水準の統一が全国レベルで図られた年です。

1948(昭和23)、看護婦規則・保健婦規則が保健婦助産婦看護婦法に統一されました。 「産婆」が「助産婦」に改称されたのです。 同時に教育を基盤とした助産婦教育制度が定められて県登録の業務免許から国登録の生涯免許に改正されました。

2002(平成14)年、従来の「保健婦助産婦看護婦法」は「保健師助産師看護師法」と改正されました。 このときに「助産婦」という名称も「助産師」と改称されました。

次に、1990年国際助産婦連盟国際評議会にて採択された定義についてご説明します。 助産師は国から正式に許可された助産師教育課程に正式に入学し助産学の所定の科目を履修した者であるとされました。

助産師業務を行うよう登録され法律による免許を与えられるための必要な資格を取得した者であると定義されています。 助産師は女性の妊娠・分娩・産後の各期間中に必要な監督・ケア・助言を与えなければなりません。 また自分自身の責任において分娩を介助し新生児や乳児のケアも要求されます。

このケアには「医学の援助が得られない場合の緊急措置の実施」「医学的援助の要請」「予防的措置」「母と子の異常な状態の発見」が含まれます。 助産師は同居の家族や地域社会の中でも健康についての相談および教育にも重要な役割をしなければならないとされています。

助産師の活動は産前教育や親になるための準備も含みます。 さらに婦人科の一部の領域や家族計画および育児にまで及ぶと定義されています。

助産師に当たる専門職は多くの国に存在します。 そして関連規定はそれぞれ異なります側面があります。 共通しているのは、周産期とよばれる妊娠・分娩・産後の時期を中心に女性の生涯にわたる健康に関して個人・家族・地域社会に働きかける職種であるということです。