手術室看護師が大切にする重要な仕事

手術室看護師に関する情報まとめサイト

手術室(オペ室)看護師が行う患者様への術前訪問

手術室(オペ室)看護師の職場である手術室の雰囲気は、病棟とは大きく異なっています。 執刀医・麻酔科医・看護師・医療機器に囲まれた緊張感がある空間です。 手術室に入った患者様の大部分は不安感でいっぱいになります。

ここでは、こういった不安感を解消するために手術室を担当する看護師が行う患者様への術前訪問についてご説明いたします。
公益社団法人群馬県看護協会

非日常的なシーンに直面して緊張したり不安に感じたりするのは人間として正常な反応です。 けれどもそれが度を超すと血圧が上昇してしまったりして麻酔導入に悪影響が出ます。 手術室を担当する看護師が手術を受ける患者様を術前訪問をする一番の目的は、まずは顔合わせをすることです。

顔見知りになれば手術室に入る際の頂点に達するほどの不安感を緩和してあげることができます。 落ち着いた精神状態で手術や麻酔を受けられます。 患者様の手術日が決まれば、同じ病棟で手術を受けた患者様から手術についての話を耳にすることになります。
保育園看護師の仕事内容は?

医療情報や知識の不足によって不安感はますます助長されます。 だから手術前の段階で患者様が感じている手術に関しての疑問を解消するために正確で丁寧な情報提供をして手術を乗り切れるようにサポートします。

もうひとつの目的は、看護計画を立案するための基本的な情報収集です。 手術によってベストな結果が導き出されるために診療記録や看護記録から情報を収集して、正常でない検査値や周術期に影響がある情報を調べます。 周術期というのは、入院・麻酔・手術・回復といった患者様の手術中のみならず前後の期間を含めた期間のことです。

術前訪問は次のような特殊性があります。

1番目は15分から30分程度の限定的な時間内で行われることです。
2番目は大抵が手術前日の場合が多く手術が翌日に迫っていることです。
3番目は一定量の情報を患者様に伝える目的があることです。
4番目は看護師と患者様が初対面の場合が多いことです。

こういった限定的な時間の中で術前訪問の目的を達成するために必要なのがコミュニケーション能力です。 日常的に患者様と接している病棟看護師から入眠状況や言動などの情報を聞く場合も多いです。

看護師、転職方法ごとの魅力と注意点

看護師が選択できる転職方法はいろいろあります。大きく分けると転職支援サイト、ハローワーク、知人から紹介を受ける、そして自力で探す方法に分かれます。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、それらを良く理解したうえでどの方法を選択するのか考えることが重要です。まず、利用者が多いのが転職支援サイトを活用する方法ですね。 この場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリットとして挙げられるのが、情報量が非常に多いということ。転職支援サイトではハローワークなどで取り扱っていないような情報も持っているので、たくさんある求人情報の中から自分に合った職場を探すことができます。

また、自分の条件を先に提示してそれに合った職場を紹介してもらうことができるため、理想の職場が見つかりやすいというのも転職支援サイトを使うメリットです。

専門的なアドバイスも受けることができるので、看護師として活躍したいと思っているけれどどのような職場が自分に合っているのかわからないという人も理想の職場探しに役立つでしょう。

デメリットとして挙げられるのが、返事をせかされる場合があるということ。 転職支援サイトに集まる求人情報というのは、すぐにでも看護師がほしいという企業ばかりなので、できるだけ早く決断してほしいと言われてしまうこともあります。

ハローワークを利用した場合のメリットとして挙げられるのは、自分のペースでゆっくり仕事探しができるということ。転職支援サイトとは逆に、ハローワークにはあまり急ぎではない求人情報が集まっています。

ただ、これはメリットでもありながらデメリットでもあります。実際に転職できるまでに時間がかかってしまうことも多いので、すぐに転職したいと考えている方はその他の方法を選択したほうがいいでしょう。

知人の紹介は就職までの時間が速いのが魅力ではありますが、紹介された手前、合わない職場でも辞めにくいのがデメリットです。自力での転職は収集できる情報量が少ないのでおすすめできません。 まずは無料で利用できる転職支援サイトを活用してみてはどうでしょうか。

看護師は注意!危険な転職支援サイトとは

看護師専用の転職支援サイトにはいろいろな種類があります。そのため、どこを選べばいいのか分からず悩んでしまっている人もいるでしょう。良い転職先を紹介してもらうためには、良い転職支援サイトを使うことが大切です。そこで、注意したい転職支援サイトの特徴についてご紹介します。

まず、提案してくれる求人が少ないところは注意しましょう。看護師の求人というのは非常に数が多いため、転職支援サイトでは非常に豊富な求人情報を持っています。

ですが、看護師にあれこれ吟味されてしまうと転職までに時間がかかってしまいますよね。転職支援サイトは看護師を企業に紹介することによって紹介報酬をもらい、それによって成り立っているということを理解しておきましょう。

そのため、悪質な転職支援サイトの中には大した情報を提供しないうちに「もうここしかありません」というように情報の提供を打ち切るところもあるのです。

たくさんの情報を提供してもらい、コンサルタントと必死になって求人情報をチェックしたうえで「ここしかない」と言われた場合は納得ですが、2~3つしか情報を提供してくれなかった場合は他の転職支援サイトを使ったほうがいいでしょう。

次に、こちらの意見や希望をあまり聞かないうちに次々とおすすめの求人情報を提供してくる業者にも注意が必要です。それは希望者にとって有益な情報というよりも、転職支援サイトにとって好条件の求人だと言えるでしょう。

例えば、紹介手数料が高かったり、優先して紹介することによってなんらかのメリットが得られる求人です。転職支援サイトを選ぶ際には、そのサイトが利用者のことを第一に考えて動いてくれるのかどうかを確認しましょう。口コミ情報なども参考にしながら評判の良い転職支援サイトを使うといいですね。

もちろん、信用できるかどうかということも非常に大切です。連絡希望時間を守らずに電話をかけてきたり、問い合わせの返信が遅いというところは避けましょう。

copyright 2013 手術室(オペ室)看護師 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。