手術室看護師が大切にする重要な仕事

手術室看護師に関する情報まとめサイト

手術室(オペ室)看護師が行う患者様への術前訪問

手術室(オペ室)看護師の職場である手術室の雰囲気は、病棟とは大きく異なっています。 執刀医・麻酔科医・看護師・医療機器に囲まれた緊張感がある空間です。 手術室に入った患者様の大部分は不安感でいっぱいになります。

ここでは、こういった不安感を解消するために手術室を担当する看護師が行う患者様への術前訪問についてご説明いたします。

非日常的なシーンに直面して緊張したり不安に感じたりするのは人間として正常な反応です。 けれどもそれが度を超すと血圧が上昇してしまったりして麻酔導入に悪影響が出ます。 手術室を担当する看護師が手術を受ける患者様を術前訪問をする一番の目的は、まずは顔合わせをすることです。

顔見知りになれば手術室に入る際の頂点に達するほどの不安感を緩和してあげることができます。 落ち着いた精神状態で手術や麻酔を受けられます。 患者様の手術日が決まれば、同じ病棟で手術を受けた患者様から手術についての話を耳にすることになります。

医療情報や知識の不足によって不安感はますます助長されます。 だから手術前の段階で患者様が感じている手術に関しての疑問を解消するために正確で丁寧な情報提供をして手術を乗り切れるようにサポートします。

もうひとつの目的は、看護計画を立案するための基本的な情報収集です。 手術によってベストな結果が導き出されるために診療記録や看護記録から情報を収集して、正常でない検査値や周術期に影響がある情報を調べます。 周術期というのは、入院・麻酔・手術・回復といった患者様の手術中のみならず前後の期間を含めた期間のことです。

術前訪問は次のような特殊性があります。

1番目は15分から30分程度の限定的な時間内で行われることです。
2番目は大抵が手術前日の場合が多く手術が翌日に迫っていることです。
3番目は一定量の情報を患者様に伝える目的があることです。
4番目は看護師と患者様が初対面の場合が多いことです。

こういった限定的な時間の中で術前訪問の目的を達成するために必要なのがコミュニケーション能力です。 日常的に患者様と接している病棟看護師から入眠状況や言動などの情報を聞く場合も多いです。

copyright 2013 手術室(オペ室)看護師 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。